せっくすしたい 20代 ひとづま

今まで「女」としてやってきた人はお互いのプライベートに踏み込まないセフレを探したい…と想像したことはほとんどの女性があることでしょう。
絶対にそれ以上の関係になることはその関係において求めるべきではない、ここぞという時に頼れて、この関係を壊すようなことは言わない事。
とっても都合よく会える間柄。
私にも最近まで長い間、共に過ごした性欲を満たしてくれる男性がおりました。
わずらわしいことはその関係において言わないので、この人のそばにいると心地よかった。
気持ちが塞がった時、誰かに聞いてほしい時、一人になりたくない時頼れた方でした。
本当に性欲を満たしてくれる男性とは一緒に居て気が休まるかもと思います。
特別な存在ではなく、言っても性欲を満たしてくれる相手。なので、期待しないというような事が重要ですよね。
でも本当は、実際女はなぜか抱かれた男性に彼女になりたいと思うケースもあるのです。
都合の良い男性に恋してしまった、それに気づかないふりをするのはとても難しい事です。
でも、実は好きになった…そういう女は少なからずいます。
ですが、長い間ずっとただのH相手だった男と一からお付き合いするということはとても険しい道のりだと感じるものです。
そんなわけでセックスフレンドが振り向いてくれるには何と言ったら効果的か、いくつか挙げます。

■あたしたちってさぁ~めちゃめちゃ相性抜群だよね

自分たちの感覚が交際中の男女と変わらないのでしたら
「私とあなたってぴったりの相性だと思わない?」「なんでこれまで付き合わなかったのか不思議」というふうにそれとなく関係性について触れてみるのです。
相手の方もそういうふうに考えているなら「じゃ付き合ってみる?」みたいな答えが返ってくるかもしれませんね。
ポイントは重くならず可愛らしく言う事。この表現が大切なんです。

■覚悟を決めて質問する

単刀直入に「私ずっとあなたのこと男性として良いなって感じてたんだけど私についてどういう存在だと思っている?」と聞いてみるのです。
仮に彼が苦笑いな場合お付き合いすることは難しいです。
言った時の男性のリアクションが良いのであれば私と付き合ってみない?と申し出ると、ほぼ確実に成功します。

■色恋体験が多くて、女性の人の応対につかんでいる男児

ナルシストというのは、セックスフレンド関係にすべき男子の人の原則の一つです。
できることなら、色恋経験がふんだんで、場数を経験していること。
女性の人の扱いに把握していて、場に応じてもてなしがすること。
それで何をおいても、女の人格を称賛することがやれるのが、セックスフレンドに正しい男の方なのです。
こういえば、秘密のかかわりなのに、何故こうした精神的な事案が主要なのか?、と感じられるかもしれません。
だけども、Hだけの繋がりだからこそ、ああした要素が須要なのです。
そちらがないと、全部に肉欲のみしかない付き合いになっていってしまいます。
男性の方はあれでも本望だが、女性の方は母性的に、そうでは満足できない。
その時に限っても、我を重要と扱ってくれる慈悲深さを、婦人の方は人に要求するものなのです。

■技術のある者、または性交に対する勉強がたくさんある男

一線を越えた仲として恋人関係になるのですから、結局性愛行動の腕のほどは大事になるでしょう。
試作豊潤な技術がある者というのが欲求ですが、
そうでないとき、例えると知験の薄っぺらい若い人でも、性交渉に対する捜索心が多いことが、必然条件になります。
一例を挙げると、相棒が試作の愚直な年下の人でも、
人付き合いしている間に片棒が続けて腕前をぴかぴかにしていければそれほどまでセックスフレンド関係に妥当な男子の方はいません。