やりもく 奥様 あぷり

■恋の経験が多々あって、女の人のあしらい方に慣れっこな男子

フェミニストとは、下半身の関係にすべき男性の人の基盤の一つです。
可能ならば、恋の体験が多量で、場数があること。
女の扱いに耐性のあって、その場に応じて応対がすることができること。
それで何よりも、彼女の人格を感化することがすることができることが、肉体関係に適当な人なのです。
こういうと、オトナの交友関係なのに、どういう理由でこのような精神的な内容が肝要なのか?、と思われるかもしれない。
けれども、性的な付き合いだからこそ、あのような要素が貴重なのです。
そちらがないと、優に肉欲しか付き合いになりえてしまうのです。
人はそうなっても喜べるが、女は頭脳的に、そちらでは満足できない。
その時に限っても、己を必要としてくれる紳士的さを、女子の方は男子の人に求めるものです。

■技術がある者、またはHに対する志が多々ある男子の方

怪しい関係として人付き合いするのだから、やっぱり営みの手さばきは必要になるでしょう。
場数多い技術がある人というのが手本ですが、
ああじゃない場合、例をいえば芸の肥やしの薄っぺらい若い男子の方でも、性交に対する遊び心がふんだんなことが、不可欠な条件になります。
例をいうと、先方が体験の広くない年下男でも、
お付き合いしている間に片棒がいつまでも上手さをぴかぴかにしていければあれほど一線を越えた仲ににつく男の人はいません。
男女付き合いの手だてが定かではない
後日逸話をうかがった女。21歳で処女を失って以来1年の間に、
30人を超える男たちと下の関わりを保持してしまったとのこと。
おまけに今までの時間一回もまともな男がいたことがないというからびっくり仰天です。
なんの理由があってボーイフレンドを見つけようとしないのか。
恋人は前から手に入れたいと思い付いているけど、一体どうしたことか見つけられないんです。愛する人はしょっちゅう下半身の関係止まり。
お付き合いする前に性交渉しちゃいけないのはわかっちゃいるんだけど、何気なくそういうことになってしまって。
それでも、その男の人ともいつもお祭りにも行くし、メンタルがご満悦な側面があるから、
今は特に特別な人をもたなくてもいいかなんて悩んでおります。
色恋も人との付き合いとおんなじもの。
いくつもの聞いたものや話の中から、双方を共感し合い、徐々に手間をかけて育てていくもの。
それでもなお、そういった段階を省略して出会うなり早速性行為のトレンドが染みついている方は、
好きな男の強引な押しを吹っ飛ばせない女性になってしまうであろう見込みがあると思われています。
かくして、特定の男性じゃなくても性交渉はできる、という若い女はどんどん増えてしまっています。
その女のワケは「さびしいので」、「性交がシュミなので」、「男の人たちにお願いされて」など、いろとりどり。
性交渉だけのつながりを打ち消すつもりはないけれど、他方で精神とともに身体とはリンクしています。
はじめのときは割り切っていたけど、愛情の方が揺すぶられてしまって、
正気に戻った時には男の子の言いなりなんて、苦しい関係にならないよう気をつけよう。
己のボディのことは大事にしてください。セックスのみの関係をこさえるときは、最悪でも自分だけの約束事を検討しておくといいのではないでしょうか。