やり目 ほも

昨日の題は「肉食女子と性交渉」です。
今日のヤングな女子のセフレ状況は「思いのままに遊ぶヤリマン」と「セックスとは関係のない娘」の両極性をもってなるでしょう。
少し前であれば、面識のない殿方とエッチをすることに多くの女子中高生がだめだという感覚を持ち続けているように見えましたが、
かるいエッチなことに対してもなかなかあまくみなす方が増えました。
性交渉のみの関係に対する可不可の判断は別個に検討するとして、今の若い衆(女子中学生)には性交渉のみ体質の結構いることをわかっていますか。
本日は、あなたたちの間近のサセコ的20代女の子にエッチに関する考えを大胆にインタビュー。
20代女の子と肉体関係のみに対する実像に詰め寄ってみました。
デートしてもらったお返しで性行為をする
息もつかせずはじめに説教を耳にしたのは、大都会の病院に通うOL。性交渉をした人数などはいくぶん多い。
女子中学生をしているというこの女の子は、めっちゃ小顔で姿勢も二重丸
3年以上、好きあっている男がおるというわりに、
よく男の部屋の中にお邪魔してしまい、エッチをしてしまうということです。
お宅に入ったにもかかわらず、何もしてもらわないのは悪いわぁと思ってしまう訳です。
自分は全くしなくてもいいんですけど、その方に求められたりすると、断れないですよ。キスが大好きですから。
泊めてあげるとおわびに交わりをもつ。
男側からしたら、ずいぶんエロい娘ですね。
なのに軽く扱われているような思いなどは全くないようで、
全員とそうしているわけじゃない。ぶーちゃんで汚らしい男は勘弁なので、
この男子となら何があってもなんとなくいいかなぁなんて決めた男の子を選択しつつ泊めてもらっていますとのこと。
生まれてからこれまで「女」として生活していると自分の性欲を満たしてくれる相手が欲しい…なんて思う事はほとんどの女性がありますよね。
原則として結婚については二人とも口にしないこと、寂しい時にセックスできて、あとあと面倒くさくなることは言うべきではない。
そのような心地よい男性。
実は自分も最近まで長年、寂しい時だけ会っていた体だけの都合のいい相手がいたのですが…。
2人の関係が面倒になるようなことは互いに言わないので、隣にいて自分が自分でいられた。
人間関係の面でへこんでいた時、つらくなった時頼りになる方でした。
きっと欲求を満たしてくれる男性とは一緒に居て気がまぎれるかもしれないです。
本命ではなく、単なる都合の良い男性。こういったものは、関係が壊れることをしないということが大事です。
とはいっても、ほとんどの女の生態はエッチしたお相手に特別な存在になりたいと思うケースは事実あるものです。
都合の良い相手を好きになってしまった、と感じないようにするのは難しいのです。
けれども、そうなるはずじゃなかったのに愛してしまった…そんなケースの方は多いと思います。
けれども、長い間ずっとエッチするだけの関係の方と人生のパートナーとして恋愛を始めるということはなかなか険しい道のりに感じるものです。
どうにか欲求をみたしてくれる相手と恋人になる手段はないのかと考えてみましたよ。

■私たち二人ってすごく相性がぴったりだと思わない?

お互いの仲がまるで恋人と変わらないと感じていたら、
「あなたと私って相性抜群だよね」「むしろなぜお付き合いしなかったのか不思議だよね?」という感じで関係性について言ってみましょう。
相手もそういうように考えていたら「じゃ俺の彼女になる?」という感じの答えが聞けるかもしれません。
あくまでも真剣にではなくふざけつつ口にすることが重要です。

■意を決して確認してみる

勇気を出して「私ね、前からあなたのことが私にとって特別な人で…良いなって感じてた。私に対して特別な存在だと思っている?」と聞いてみるのです。
万が一男性が難しい表情になればお付き合いすることは期待できません。
言った時の彼の答えが良いものであればよかったらお付き合いしてみる?と申し出ると、ほとんど上手くいきますよ。