サクラなし であいさいと

長い間「女」であり続けている人なら体目的の相手が居たって構わないよね…と思ったことはほとんどの女性があるんですよね。
特段それ以上の関係は二人の間で期待しちゃダメ、寂しい時に寄り添ってくれて、文句などは口に出さない。
そういう風にメリットがある男性。
実は筆者自身数年前まで長年、続いた都合のいいセフレがいたんですよ。
必要以上求める事はどちらとも言わないように心掛け、一緒にいると安心感があった。
落ち込んだ時、誰かに話したいとき、心細い時とても頼りになる相手でした。
きっとセックスだけの関係の人とは一緒に居てリラックスするのかもしれませんね。
夫婦ではなく、完全にエッチするだけの男性。それは、必要以上の詮索をしないような関係を維持するが大切ですよね。
だけどね、大多数の女性という人間は体の関係になった男に対し恋してしまうケースは実は多いです。
セックスするだけの相手のすべてを手に入れたいと思った、そう納得する事はかなりつらいのです。
理屈抜きで、いつのまにか好きになった…そんなパターンのガールズは少なからずいます。
でも、今までずっと欲求をみたしてくれる関係だった彼と恋人としてお付き合いするということは割と険しい道のりに感じるんですよね。
可能な限りセックスするだけの相手と恋人になるにはどうすべきかと考えてみたんです。

■あたしたちはかなり相性がぴったりだと思う

この距離がボーイフレンド・ガールフレンドと変わらないのでしたら
「あたしたち二人ってかなり相性良いよね」「逆になんで今までお付き合いしなかったのかな?」という感じで関係性について言及してみるのです。
お相手もそういうように思っているなら「じゃ付き合おうよ?」という感じの返事が返ってくるでしょう。
それと真剣にではなくふざけながら言う事。この方法が大切なんです。

■単刀直入に質問する

単刀直入に「私前からあなたのこと恋愛対象として良いなって思ってたの。あたしのことをどう考えている?」と聞いてみてもいいでしょう。
万が一彼の表情があいまいだとすると恋人になるには難しいかも。
その瞬間の彼のリアクションが良いものであれば笑顔でお付き合いしてみない?というセリフを言うことでかなりの確率で成功しますよ。

■色恋の経験がふんだんで、女の人の取り扱いに把握している男子の人

女を語る人というのは、性的な関係にすべき男の原則です。
可能ならば、色恋の体験がふんだんで、経験を踏んでいること。
彼女の扱いに把握していて、瞬時の取り扱いができるもの。
そして何をおいても、女の人格を感化することがすることができることが、一線を越えた仲に妥当な男子なのです。
そういった、オトナの関連性なのに、何故こんな精神的な事案が重要なのか?、と思うかもしれない。
とはいっても、オトナの繋がりだからこそ、あんな要素が主要なのです。
こちらがないと、十分に肉欲ばっかりの付き合いにそうなってしまうのです。
男はそうだとしても本望だが、婦人の方は人間的に、これでは喜べない。
その時に限っても、自家を重要と扱ってくれる慈悲深さを、女性の人は男性の方に望むものです。

■テクニックのある者、あるいは営みに対する遊び心が多い男児

怪しい関係として人付き合いするのだから、思った通り性交渉の腕前は肝要になるでしょう。
芸の肥やしうんとある技術のある者というのが夢ですが、
そうではない場合、例えると体験の深くない若い男でも、男女の営みに対する追及心が多々あることが、重要条件になります。
例を挙げれば、この人が味わいの厚くない年下男子でも、
交友している間に片棒がずっと力を磨いていければそれらほど秘密の関係に合う男子はいません。