三十路 じゅくじょ

■愛の体験がたくさんあり、彼女の取り扱いに慣れっこな男性の人

女を語る人とは大人の関係にすべき男の方の前提の一つです。
可能なだけ、愛の経験が十分で、体験を持っていること。
女性の方の扱いに耐性のあって、一瞬でお構いができるもの。
そして何よりも、女性の方の人格を感心することがすることが、肉体関係に適切な男の方なのです。
そういえば、性的な交友関係なのに、どうしてまたそのような精神的な事項が大事なのか?、と感じるかもしれない。
だけれど、Hだけの付き合いだからこそ、ああした要素が須要なのです。
これがなければ、ふつに肉欲ばかりしかない続柄になりえてしまう。
男性の方はあれでも満たされますが、女は本望的に、それらでは喜べません。
その時に限っても、自分自身を肝要と扱ってくれるしなやかさを、女性の人は男子の人に望むものです。

■テクニックがある者、そしてまた床入りに対する追及心がふんだんな人

セックスフレンドとして人付き合いするのですから、やっぱり交わりの手法は必至になるでしょう。
試作たっぷりあるテクニックがある者というのが望みですが、
こうではない場合、例として場数の浅はかな若い男性の人でも、営みに対する勉強が豊潤なことが、必然条件になります。
一つ取り上げると、相方が試作の広くない年下の人でも、
交友している間に仲間がいつまでも技法を磨き上げればそれほどまで性的な関係にうってつけな男の方はいません。
清らかな状態をキープする
いつでも、クリーンにしておきます。
心の底から嫌気がさす人だなぁ、と感じ取られたり、そうでなければ自覚のないところで完治されるだけでも、評判が落ちてしまいます。
恋の伴侶を留め置くよりも、下半身の関係のみの友達を保有する方が面倒なところなのです。
用のないときには関わらない
わびしいなぁと彷彿とさせるくらいがいたって妥当といえるのです。
めんどうなパートナーだなぁと受け取られたら万策尽きたときです。
ですが、お相手が連絡を取ってきたときには、恭しく幾たびも待遇しましょう。
メッセージのメールはあちら側からやってきたときにはしばしばして、自らからはいうことがある折にだけにしましょう。
かりかりした仕草はなにがあっても見せないこと
かりかりしていたり、浅ましい言葉を使うような所を向こう側に見せてしまっては許されることはありません。
居心地の最悪な有様を作ってしまえば別れることを思いつきます。
破局するときに、あちらからはわからないように見送りさえしてもらえればというのが心の奥で求める離れる方法です。
挙句いさかいのありそうなつながりであれば、どんどん関係をやめた方がいい思ってしまいます。
先に相手の話を伺う、多く傾聴してあげる
厳しい質問をしてはだめといえるでしょう。
相手側からトークが出来る空気を作ろうではありませんか。
そのうえに能う限り話を聞いてあげる役をやり抜くのです。
相手サイドがセックス友達を追い求めているということは、本来はうら寂しさや色事にストレスを腹に抱えているのです。
その点をキャッチしてあげることが必要です。