家出 ぽっちゃり

ずっと「女」であり続けている人なら都合のいいセフレが欲しくてたまらない…なんて願ったことはほとんどの人がおありでしょう。
ルールとして結婚については互いに期待しない事、寂しい時にエッチできて、文句などは口にしない。
そういう風にメリットがある男。
実は自分も数年前まで長年、共に過ごした最高のセフレが存在しました。
それ以上求める事は二人で居るときには口に出さないようにしていて、この男性と一緒にいるとリラックスできた。
将来の事でへこんでいた時、不安になった時頼ることができた人でした。
なんとなく性欲を満たしてくれる男性とは一緒に居て安心するのかもしれませんね。
本命ではなく、たかだか都合の良い相手。こういうものは、期待しないような事が大事ですよね。
だけれでも、大多数の女という人間は抱かれた方に対しセフレ以上になりたいと思うことも実は多いんですよ。
セックスフレンドに恋心を抱いた、それに気づかないようにするのはとても難しい事です。
それなのに、いつのまに好きになっていた…という経験をした女の子は実に多いです。
とはいっても、これまでずっとただのセックス相手、そう思っていた相手と遊びじゃなくお付き合いすることはかなり厳しく感じます。
なんとか欲求をみたしてくれる相手と恋人になるにはどのセリフを言うと効果的かと作戦を考えてみました。

■私とあなたってかなり相性がぴったりだよね

互いの間柄が彼氏彼女と変わらなければ
「あたしたちはすごい相性良いよね」「どうして付き合わなかったのか不思議だよね?」などそれとなく関係性について触れてみてください。
そのお相手も同じく考えていたなら「じゃ俺と付き合う?」という感じの答えが返ってくるはずです。
また真剣にではなくふざけつつ言う事。この会話が重要なんです。

■勇気を振り絞って聞いてみるパターン

単刀直入に「私ずっとあなたのことが私にとって特別な存在で…良いなって感じてるんだけどあなたは私の事をどういうふうに思う?」と確認してもいいでしょう。
万が一男性が曇った表情だとしたら恋人になるには難しいと思います。
言った瞬間の彼の表情が良いものであれば軽く付き合ってみる?というセリフを言うとかなりの確率で良い結果に終わります。
色恋の手順が全く定かではない
三番目に物語を聞いた女の子。15歳で初性交してから9年の間に、
40人を超える男の子と肉体的な関係を有してしまったのだそう。
追加で現在まで一度も普通な好きな男がいたためしがないというから不可思議です。
何故男性を見つけないのでしょうか。
ボーイフレンドは以前から手に入れてみたいと考えているけど、なんの弾みか入手できないんです。片思いの人はいかなる時も体の関係止まり。
交際する以前にアレしちゃダメなのはわかっちゃいるんだけど、偶然雰囲気で。
しかし、その男とも考えなしにお祭りにも行くし、肉体が喜びを感じている感じがあるから、
ここんところは特別に特別な男をもたなくてもいいんじゃねなんて意識しております。
愛は人付き合いとおんなじ。
いくつもの経験によるものやトークを通して、二者のことを理解し合い、ゆっくりとマイペースで育てていくものでしょう。
とはいえ、そういったフェーズを省いてお目にかかって速攻で性行為のトレンドが染みこんでいる人は、
好きな男の人の強引な頼みを拒否できない弱い女性になってしまうであろうポテンシャルがあるのです。
こういう、特定の男じゃなくてもセックスできるという女はどんどん増殖してしまっています。
その女の理屈は「一人で辛いので」、「セックスするのがシュミなんで」、「男性に押し倒されて」など、理由はたくさん。
性交だけの関わりを認めないつもりはないけれど、だが精神と肉体はリンクしています。
はじめのときは割り切っていたけど、愛情が動いていき、
我に返った時には奴の言いなりなんて、苦しい関係にならないよう気をつけよう。
あなた様の肉体のことはお大事にしてください。エッチのみの関係を作り出す折は、最悪でも自分なりの約束を検討しておけばよいでしょう。