愛人 ほも

■意図的に自分の部屋以外でセックス以外の青空デートをしてみる

心の底からその彼女が気がある彼と強く交際したいと思うのであるならばエッチ抜きでも二人で楽しい時間を過ごせます。
彼との距離を測りたいならば意図的に閉ざされた空間で二人っきりになるのではなくテーマパークに行ったり、ごく普通の付き合っている二人がするようなありふれた二人で出来るデートプランをエンジョイしてみましょう。
ごく普通のデートをしている中でこれはお付き合いしているのと変わりがないのではないか、というような空気が流れたら彼へのアピールを積極的に始めてください。
デートが全く楽しくなかったら……その人とは肉体だけの関係として割り切った付き合い方をするのが妥当かもしれません。

■思い掛けず特定の彼女ゼロ?

彼のことを恋心を抱いたとしても、以前から想い合っている彼女や交際を意識している相手がいたらこの計画はおじゃんです。
彼のLineを彼が居ない時にソット見てみるなり、正面から彼に彼女はいるの?カマをかけてみるなりして、自分以外に女性の気配がないか見極めましょう。
傷つけられてからでは手遅れなんです!ダメージは出来る限り浅いうちの方が気持ちの切り替えがしやすいです。
束縛せずセフレとして割り切りのよい関係をそのまま続けていれば、知らないうちに彼女としてのポジションがとうとうあなたに順番として回ってくることだってあるでしょう。
精神的に深く気持ちを傷つけられて彼をシャットアウトしてしまうより、それ程傷つく前にその心惹かれた彼とは程々の距離感で付き合いを維持する方があたなが勝つ見込みは高い!
余談ですが体験は人それぞれですが、筆者の昔付き合ったことのあるセフレはセフレとして付き合いだした時から私以外に交際していたセフレが分かっているだけでも3人いたというドンファンの様な生活をしていたため、
こんな身勝手な人にこのまま恋したら明らかに心が傷つけられる!と理性が察することが出来たので、一途に彼にのめり込む前にそのプレイボーイの彼とはセフレ付き合いの関係を区切りをつけました。
女性との噂が絶えない人に恋愛感情を持ってしまったら悩みも多くつらいことが多いですが、
好きになってしまった人と交際するという可能性はどんな場合でも無いわけじゃありません。
ただのセフレが永遠に続く伴侶ととなるよう心から祈願しています!

■恋の体験が多々あって、女子の方の処遇に免疫がある男子の人

女を語る人というのも、下半身の関係にすべき男子の人の基礎の一つです。
もしできれば、恋愛経験が多々あって、体験していること。
女の人の扱いに慣れた、瞬時の扱いが可能なこと。
そうして何よりも、女性の人の人格を感化することが可能なことが、怪しい関係にもってこいな人なのです。
そういった、秘密のかかわりなのに、どういう理由でそうした精神的な内容が必至なのか?、と感じられるかもしれない。
それでもなお、身だけの続柄だからこそ、このような要素が大事なのです。
それがなければ、まさに肉欲以外にない繋がりになっていってしまう。
人はこうであっても十分だが、婦人は生理的に、あれらでは満たされない。
その場に限っても、自らを主要としてくれる気立ての良さを、女子の方は男性の人に望むものなのです。

■技術者、あるいは性交渉に対する気になる心が豊潤である男子

性的な関係として交友するのですから、思った通り床入りの技術は重要になるでしょう。
芸の肥やしたくさんの技術がある人というのが希望ですが、
ああでない場合、一つ取り上げると体験の愚直な若い男子でも、Hに対する追及心がうんとあることが、不可欠な条件になります。
一つ言えば、相手方が場数の薄っぺらい年下男子でも、
付き合う間に協力者が続けて腕前を磨けばそちらほどセックスフレンドに好適な男性の人はいません。