熟年 ライン掲示板

セフレにした方が良い男性というのは、どんな性格の人であれば良い関係が築けるのでしょうか。
ビジュアルの好き嫌いも本当はあっても良いのですが、
男性の中身によっては、セフレに適している素晴らしい男性と、関係を持つべきではない相手にわかれることをご存知でしたか?
実際には、どのようなところをチェックして評価すれば価値のある人と出会えるのでしょうか。
ということでセフレとしてお付き合いしたい素敵な男性の決め方について整理しましたので、参照してみてはいかがでしょうか。

■心理的に実直で、全体的に自立ができている頼れる男性

自分側としては明らかにセフレという契約で関係を持っているのに、相手の中で誤認識して、
それ以上の関係をお願いされることが現実的には増加しています。
初回に、肉体関係以上にはならない、という理解を確実にしていても、そのような意外なことを言われるケースも少なくありません。
どのようにして、そうした誤解が後を絶たないのか。
なぜかというと、相手側の男性そのものが、基本的に成長が足りていないからです。
逆に考えると、セフレにする関係として欠いてはいけないポイントが、内的に成熟できている自信に満ちた大人であること、といえます。
十分に割り切りの良い関係を形作って、そういう距離感を保持していくためには、
男性の内面に、子供っぽい要因があるとしたらうまくいかないことが多いです。
あるいは、心の中が大人と認められて自らの力で物事を解決できているとしても、金銭的に自立しているという点も、必要な条件であると言えるのです。
具体例でいうと、年少のパートナーを、若い人が好きだからという理由ばかりでセフレとしてつながると、
お金についての助力を催促されるということになってしまうことがあるのです。
となると、長期間セフレの距離感を維持し続けることはむずかしいはずです。
清純な状態を続ける
いつも変わらず、衛生的な状態にしておきます。
心の底から苦手な人だなぁ、と覚えられたり、そうでなければ考えもしないところで思われるだけでも、インプレッションが下落してしまいます。
恋の友達を続けきるよりも、セックスのお相手を保ちきる方がセンシティブな問題なのです。
必要のない接触をしない
ひとりぼっちだなぁと呼び起こすくらいがまさに有益なのです。
煩わしい相手方だなぁと思ってしまわれたらこれまでです。
とはいっても、お相手が連絡をしてきてくれたときには、入念にいっぱい取り扱いましょう。
電子メールは向こうより送付されてきたときにはドンとして、こちらからは伝えることがある機会の時だけにしましょう。
じりじりした動作は何が起ったとしても見せることはしない
むかむかしていたり、ごちゃごちゃした言葉を使っている場面を先様に知られるようでは許されることはありません。
居心地がひどい環境を導いてしまったら破局することをふと思います。
お別れするときに、あちら側が知られずに見送ってもらえればそれで良いというのが気持ちとして待ち望んでいる破局の方法です。
終わりにいさかいのありそうなご関係とするならば、いち早く関係を切る方がいい感じてしまうばかりです。
とりあえず相手の話を聞き入れる、豊富に耳に入れてあげる
相手の困る質問をしてはだめです。
相手側から話が出来る環境を作ってあげるようにしてください。
そうしてめいっぱい話を聞いてあげる役をやり抜くのです。
向こうが一線を越えた仲を要望しているということは、元から孤独や色事に鬱屈な思いを持つのです。
そのことを甘受することが大事なことです。