逆サポ募集 人づま えむこみゅ

■愛の体験がたっぷりあり、婦人の方の待遇に耐性のある男子

フェミニストとは、セックスフレンド関係にすべき男子の方の原則です。
できる限り、恋の体験が多くて、場数があること。
女の方の扱いに耐性のあって、その場その場で扱いが可能である。
そうして第一に、女子の人格を大事にすることがすることが、下半身の関係に似つかわしい男の方なのです。
こういえば、秘密の関係性なのに、なんでまたそのような精神的な要因が必然なのか?、と考えるかもしれない。
だけど、一千を超えた結びつきだからこそ、そういう要素が不可欠なのです。
あれらがないと、まさに肉欲ばかりしかない交流になってしまうのです。
男の方はこうなっても十分だが、婦人の方は本望的に、あれらでは本望ではない。
その場に限っても、自分自身を肝要としてくれるあたたかさを、婦人の方は男子に要求するものなのです。

■技術者、その他性交に対する追及心が豊潤である男子の方

セフレ関係として付き合いをするのですから、つまり性交渉の腕前は主要になるでしょう。
味わいたくさんのテクニックがある者というのが望みですが、
そうでないとき、例をいうと知験の深くない若い男子でも、床入りに対する捜索心が十分なことが、須要条件になります。
一例を挙げると、先方が体験の厚くない年下男子の人でも、
交友している間に仲間が着々手法を磨き上げていければこちらほど大人の関係に適合な男子の人はいません。
清純な状態を保持する
常日頃、清純にしておきます。
先得的に関わりたくない人だなぁ、と感じ取られたり、そうでなければ意識できないところで受け取られたりするだけでも、人受けが落ち込んでしまいます。
恋の友達をキープするよりも、セックスのお相手を維持し続ける方が扱いづらい問題なのです.
用のないときには関わり合いを持たない
うら寂しいなぁと思わせるくらいが全く良いものなのです。
やっかいな相手だなぁと受け取られてしまったのであるならば観念すべき時です。
それでもなお、お相手が連絡をくれたときには、手厚く幾たびも取り扱ってあげましょう。
メールがお相手から送付されてきたときにはうんとして、当方からは用向きがあるケースにしましょう。
いらいら感のあるふるまいはどんなことがあっても見せては絶対にいけない
いらいら感を見せつけたり、汚らしい言葉を活用しているところを先方へ見せてしまっては許されることはありません。
居心地がよろしくない実情を作っているようならば決別することを思いとして持つようになります。
破断するときに、あちら側が何気ないように見送りさえしてもらえればというのが腹案で待ち望んでいる関係を絶つ方法です。
帰するところもめそうな関係であるならば、ぱっぱと関係を切る方がいい感じてしまうばかりです。
先手必勝で相手の話を聞き入れる、何度でも話をしてもらう
追及してはあきません。
お相手が話しやすい気配を作っておこうではありませんか。
かつ最大限に聴き方を突き通してしまうのです。
先方がセックスフレンドを欲するということは、当初から孤独や性愛行動に不平不満を腹に抱えているのです。
こんなことを受容することが大事なことです。