逆サポ 外人

生まれてこの方「女」で生きていると体目的の相手が居ると満たされるのに…と頭をよぎったことはほとんどの方があることですよね。
条件として結婚して欲しいなどはどちらとも求めるべきではない、寂しい時に抱いてくれて、厄介になる事は言わない
とっても性欲だけを満たしてくれる男の人。
実をいうと筆者自身数年前まで長年、会いたい時だけ会っていたセックスだけを楽しめる相手がいたんですよ。
必要以上求める事は両者ともに言わず、側にいると居心地がよかった。
仕事のトラブルで誰かに話したいとき、つらい時とても頼りになる人でした。
やはりセックスフレンドという関係は一緒に居て楽ちんなのかもしれませんね。
旦那ではなく、単なる都合の良い相手。この場合は、お互いの事情を必要以上に聞かない等々・・・が大事ですよね。
でもね、大抵の女の心は体の関係になった男性に対し恋に落ちてしまうケースも事実あるものです。
性欲を満たしてくれる相手を好きになってしまった、と感じないようにするのはかなりつらいと思います。
それでも、そうなるはずじゃなかったのに愛してしまった…このようなケースの女は多いと考えられます。
それでも、これまでずっとただのH相手、そう思っていた相手とパートナーとして交際を始めるということはすごく困難だと感じるでしょう。
それでエッチするだけの相手をゲットするにはどうしたらいいのか、いくつか挙げてみます。

■あたしたち二人って相性抜群だと思わない?

自分たちの仲の良さが交際相手と変わらないようでしたら
「私たちってさぁ~ピッタリの相性だよね」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議」というふうにそれとなく関係性について言ってみてください。
相手の方もそのように考えていたなら「これから俺と付き合う?」なんて返事が返ってくるでしょう。
ポイントはにっこりしながらふざけあいながら言う事。それが大切ですよ。

■腹を据えて聞いてみるパターン

思い切って「私前からあなたのことが私にとって特別な存在で…良いなって思ってるの。あなたは私の事をどういうふうに思っている?」と確認するのも手。
そこで彼の表情が微妙になると交際へ発展することは期待できないと思います。
その瞬間の男性のリアクションが良いものであればよかったら交際してみよう?と申し出ると、だいたいは上手くいくと思います。

■恋愛体験が豊潤で、婦人の方の使い方に慣れっこな男子

女権論者というのも、性的な関係にすべき男子の人の基盤の一つです。
可能であれば、色恋体験が豊かで、体験を持っていること。
婦人の扱いにこなれていて、場に応じてお構いが可能であること。
そうして何よりも、彼女の人格を敬重することがやれるのが、大人の関係に正しい男子の方なのです。
こうなると、一千を超えた交友関係なのに、どういう理由でこのような精神的な成分が必至なのか?、と感じられるかもしれない。
とはいっても、人身だけの関連性だからこそ、そのような要素が貴重なのです。
それらがないと、まさに肉欲のみしかない続柄になってしまうのです。
男児はだけども喜べるが、女性の人は生得的に、そちらでは満足できない。
その場限りでも、自分自身を必要としてくれるしなやかさを、女子は男子の方に願うものなのです。

■技術がある者、そしてまたHに対する志が多量である男の人

セックスフレンドとしてお付き合いするのですから、やっぱりHの技は重要になるでしょう。
得るたくさんのテクニックがある者というのが望みですが、
こうでない場合、例を挙げるとキャリアの薄い若い男性の方でも、性交渉に対する勉学が豊潤なことが、不可欠な条件になります。
一つ取り上げると、この人が試しの高くない年下の男の人でも、
交際する間に相手が着々技法を磨けばあちらほど一線を越えた仲に似つかわしい男性の方はいません。