20代 奥様

セフレとしてお付き合いしたい男の人とは、どういった種類の人であれば良いのでしょうか。
ルックスの好みも本当は尊重するべきですが、
相手次第では、長く付き合えるセフレの優れた男性と、そうとは判断できない男性にわかれることに注意してください。
それならば、どこを観察して選択すれば上手くいくのでしょうか。
ここからはセフレとして良い関係を築ける優れた男性の基準について整理しましたので、考慮するべきでしょう。

■心の中が実直で、一つ残らず自分で決断できるパートナー

こちらとしては明確にセフレというルールで交際しているのに、男性側が心変わりして、
結婚までの関係を希望されるということが最近では珍しくありません。
初回に、恋愛の関係ではない、という理解をしたとしても、そのような困ったことになるケースも少なくありません。
どういう理由で、そういうケースの誤解が発生しがちなのか。
どうしてかというと、向こう側のパートナーが、自立した人間として未熟だからです。
逆に捉えると、長く付き合えるセフレの安心できる相手として欠落してはいけない要件が、言動が完成されている自立心を持った人間であること、といっても良いはずです。
徹底して余計な拘りの無いつながりを構成し、そのつながりを続けていくためには、
男性の方に、子供じみた要素がある場合はうまくいかないものです。
それに、心の中が大人と認められて自立心を持っているだけではなく、金銭的に問題を抱えていないことも、原則の一つであると知っておきましょう。
何故かというと、年齢が若いパートナーを、かわいい等の理由に捉われてセフレとしてお付き合いすると、
金銭的なアシストを求められるという結果になってしまうでしょう。
となると、いつまでもセフレの付き合いを維持し続けることは簡単ではありません。
綺麗な状態を続ける
普段から、綺麗にしておきます。
動物的に嫌悪感を感じる人だなぁ、と覚えられたり、ないし自覚しないままに勘づかれたりするだけでも、人受けが下降してしまいます。
恋の友達を存続するよりも、セックス友達を保有する方が難しいのです。
無駄な関わり合いを持たない
孤独だなぁと感じさせるくらいが実によろしいわけです。
しんどい人物だなぁと思ってしまわれたら観念すべき時です。
ですが、向こうより連絡くれたときには、恭しくたくさんあしらいましょう。
電子メールは向こうより送付されてきたときにはしばしばして、こちらからの時は用件があるケースの場合にだけにしましょう。
いらつきのある言動は間違っても見せるもんではない
欲求不満だったり、卑劣な言葉を使用しているところを先様へ知られるようではダメなのです。
居心地のよろしくない事態作ってしまうと破局することをふと思います。
離別するときに、あちら側がわからないように送り出してほしいというのが胸三寸で求める別れる方法です。
ついにはもめそうなつながりであるならば、すぐに関係をやめた方がいい考えてしまいます。
先手必勝で相手の話を聞き取る、しこたま傾聴してあげる
問いただしてはしてはいけないことなのです。
あちら側がトークの出来るような環境を作ってさしあげましょう。
あわせて最大限に話をしてもらう役を押し通すのです.
相手側が大人の友達を願うということは、ハナから人肌が恋しかったりセックスの鬱屈な思いを有しているのです。
これを甘んじて受け入れることが欠かせません。