30代 人妻

色恋の手順が全く見当がつかない
その次にすごいストーリーを聞いた娘。25歳で初性交して以来7年の間に、
200人を超える男たちとオトナの関係を持ってしまったとのこと。
おまけに今まで一度もふつうに好きな男がいたことがないというので驚異です。
なにゆえにボーイフレンドを見つけないのでしょうか。
男の人はかなり以前から見つけたいと思い付いているんだけど、何故かしら入手できません。恋する人ともたいていセックスフレンド止まり。
きちんと付き合う前に性行為しちゃダメなのはよく理解しているんだけど、たまたましてしまって。
だけど、その相手と一緒に気兼ねなくプールにも行くし、心が幸せを感じている分があるので、
今はなんとなくボーイフレンドをみつけなくてもよいかなって悩んでいます。
恋愛感情は人間同士の関わりおんなじ。
幅広い体験したものや語らいの中から、双方のことを共感し、のんびりと手間をかけて育てるものでしょう。
それでもなお、そういったレベルを飛ばして顔を合わせてはやばやと性交渉の流れが染みついている方は、
男の人の甘い誘惑を吹っ飛ばせない女になってしまう潜在能力があるのです。
このような、特定の彼じゃなくてもカラダの関係を持てる、というご婦人はどんどん増殖してしまっています。
その女性の理屈は「心もとないから」、「性交がシュミなんで」、「殿方たちに乗せられて」など、理由はいっぱい。
セックスのみの結びつきを認めないということは全然ないのだが、しかし内面とともにボディはつながりのあるもの。
スタートしたときは割り切っていたはずだけど、気持ちの方が揺すぶられてしまい、
我に返った時には男の子の言いなりのような、いやな結びつきになってしまうことがないように注意をしたい。
お前らの身のことは大事にしてあげてください。エッチするだけの友達を作ろうとするときは、少なくとも自分なりの約束事などを考えておけばいいのではないですか。

■愛の経験が多くて、女性の方の取り扱いにつかんでいる男の人

ナルシストというのも、セックスフレンド関係にすべき男の前提の一つです。
可能なら、色恋の経験がたくさんあり、経験を持っていること。
女性の人の扱いに慣れっこで、瞬時のお構いがすることができること。
そうして何よりも、女子の方の人格を大切にすることがやれるというのが、大人の関係にふさわしい男の方なのです。
そういった、人身だけの交友関係なのに、なんでまたこんな精神的な事柄が須要なのか?、と感じるかもしれません。
とはいっても、人身だけの関係性だからこそ、あのような要素が必至なのです。
それらがないと、まさに肉欲しか続柄になりえてしまう。
男性の方はこうなっても満足できるが、女の人は本有的に、あちらでは十分でない。
その場限りであっても、自らを主要としてくれる親切さを、女性の人は男性の方に期待するものなのです。

■テクニックがある者、でなけれは性交渉に対する向学が豊潤である男子の人

下半身の関係として付き合うのだから、やっぱり性行為の手さばきは肝要になるでしょう。
得るたっぷりあるテクニックのある人というのが本望ですが、
そうでないとき、一つ言えば得るの低い若い男の方でも、営みに対する志が十分なことが、大切な条件になります。
一例を挙げれば、相棒が得るの厚くない年下の男の人でも、
交際している間にカップルがぐんぐん力を磨いていければこちらほど肉体関係に合う男子の人はいません。