50代 ひとづま

■ワインが好きであるエッチな男

酒が好きじゃない人とお酒の酔いが回っていない時に会う約束をしていて、いつもいつもHだけするのはかなり疲れるもの。
モチベーションが下がったり、心苦しい気持ちを感じたりと、あまり面白くなくなります。
実際雰囲気のいいお店で満足するまでお酒を飲み酔いが回ってから…この流れが一番です。
一緒にいると楽しくて、気を遣わなくていい相手を選択することが大事だと思います。

■女性に対して、お金を費やしてくれる大人の男性

会ってエッチをするたびにそこそこの飲み屋へ行き、そのあとごちゃごちゃした彼の部屋でHすることは、とてもやる気が失せていきます。
その日は性行為目的で会うんだし、
ムードのある所でプレイを楽しむというのが女の本当の希望です。
目で見ても楽しめる食事と更に、ロマンティックな場を予約してくれるような、女性を喜ばせる事が上手な人を選んだ方がいいです。
いつも女性にお金を使わない男の人は、絶対にやらせてくれる女性とお付き合いする資格なんてないでしょう。
もし金持ちでも、ドケチで段取り良くない男はものすごく多いので、そうじゃない男性を選ぶことが重要でしょう。

■オーバーに女の事を絶賛してくれる相手の男の人

女性として何てったって褒められたいと思います。
性行為だけの相手なら、女性の事を姫のように扱ってくれ、さらにいつもきれいだねと言ってくれる人を選びましょうね。
たとえば結婚の話が持ち上がっている本命の男性と仲直りできなくても、Hだけの男性で欲求不満を解消できるのが嬉しいですよね。
初めから終わりまで自分にぞっこんで気持ちよくさせてくれる人が大切です。

■たまに調教のようなプレイを求める彼

SMグッズを用いたい、マンネリを防ぐ為に仕事場で性行為してみたり、色んな道具でしてみたいんだ…
そんな興味を恋人である本命の男の人に言ってしまうと引いてしまう場合も。
しかしHするだけの男性とは男女ともエッチが目的なのでどんな願望も言ってしまって大丈夫。
出会ってすぐ「こういうふうに色んなやり方でプレイしたい」とやりたいことを要求してしまえるセフレを探してみましょう。
体目的の男性といろんなシチュエーションを試してみて満足するのも面白いと思います。
どうです?これらのように肝心なことはご自分が輝きながら、幸福感いっぱいな毎日のために、
貴方の中で家庭と趣味を上手に両立させる必要があります。
ですから沢山いる男の中からエッチだけの彼を嗅ぎ当てて、日常から女性らしい可愛らしさをキープするようにね。
長い間「女」として日常を送っていると性欲を満たしてくれる相手を探したい…なんて思ったことは女性であれば誰しも経験しているでしょう。
原則として本命になりたいなどは双方とも求めてはいけない、寂しい時にセックスできて、愚痴などは口にしてはいけない。
こんな感じの気を使わなくてもいい男性。
実は筆者自身最近まで続いたセックスフレンドが存在してたんです。
あとあと面倒くさくなることは互いに口に出さないようにしていて、側にいると心地よかった。
気持ちが塞がった時、悩んでいた時、心細くなった時いつも頼りになる方でした。
なんとなく欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て気が休まるかもしれませんね。
夫ではなく、単なるセックスするだけの相手。この場合は、必要以上の詮索をしない等々・・・が大事ですよね。
とはいっても、女性からするとHした男性に対し本気になってしまうパターンは実は多いです。
セックスするだけの男性に本気になってしまった、と納得することはかなりつらいと思います。
とはいっても、いつのまにか相手の事しか考えられなくなっていた…こんなケースの妻は多いと思います。
それでも、今までセックスするだけの関係だった男とちゃんと交際することはものすごく厳しいと感じます。
そんなわけで欲求をみたしてくれる相手とお付き合いするには何と言ったら効果的か、いくつか挙げてみますね。

■私たち二人って相性がぴったりだと思う

お二人の間柄がカップルと変わらないと思ったら、
「私たち二人って相性ぴったりだよね」「逆になんで今まで付き合わなかったのか不思議じゃない?」というようになんとなく関係性について触れてください。
相手の男性も同じように感じていたなら「じゃ付き合おうよ?」という返答が聞けるかも。
注意点はストレートにではなくふざけあいながら口にすることが重要なんです。

■単刀直入に聞いてみましょう

思い切って「私ね、ずっとあなたのこと男性として良いなって思ってた。あたしに対してどういうふうに思う?」と確認してみてもいいでしょう。
もしも彼の表情が微妙だったら恋愛関係になることは期待できないかも。
言った時の彼からの答えが好意的だとよかったら交際しよう?というセリフを言えばほとんど成功するでしょう。